【ジュニア留学ネット】でサマーキャンプを体験しよう

7月 8th, 2015

夏休みは子供たちにとって嬉しい長期のお休み。毎日ゆったり過ごしたい気持ちもあるかもしれませんが、せっかくの長期休暇、大人になったらなかなか体験できないことにチャレンジしてほしいと考える親御さんが多いようです。

そのため、サマーキャンプを毎年申し込んで体験しているというご家庭が増えてきました。1週間から参加が可能なので、夏休み期間すべてを費やすわけではないため、夏休みを有効に使うことも可能です。まずはサマーキャンプのおすすめHPをご紹介します。「ジュニア留学ネット」です。

お子さんの興味があるものを選択して参加することが可能なので、無理強いするわけではないですし、海外の文化などに触れてグローバルな体験ができることから、お子さんの視野も広くなります。

サマーキャンプに関する情報は、左側にあるコンテンツをご確認ください。小学生、中学生、高校生ごとに項目が分かれているので、参加するお子さんが該当する学年を選び、その内容をひとつずつチェックしていきましょう。

オススメのプランが掲載されているので、お子さんと一緒にご覧になってお子さん自身が体験してみたいと感じたプランへ申し込んでみてはいかがでしょうか。その世代に合ったプラン内容になっているのでご安心ください。

家庭教師が塾よりも優れている部分

7月 21st, 2014

家庭教師の依頼をする上で、学習塾との比較はするべきだと思います。その違いはかなり大きなものなので、受験などを控えているのでなら、求める学習内容のところに依頼をするのが良いかと思います。個人的に、私は家庭教師と塾では家庭教師のほうに学習力では軍配が上がると感じています。家庭教師の指導が塾よりも優れていると言う事を、塾との違いの比較によって説明をしたいと思います。

まず塾は、学校教育の延長にある指導法なので、多人数に教える方針である以上どうしても指導が届かない部分が出てきます。生徒はそのため、一回の指導で内容を理解する能力も求められる事になります。家庭教師では、理解に時間がかかるような難問の場合では、学習能力に合わせて指導速度を変更してくれます。勉強というものは、一歩ずつの確実な積み重ねが大事になってくるものなので、このように学習が出来ているかしっかり確認してくれる家庭教師は、親の立場としても安心できます。

また意外に馬鹿に出来ないのが塾への移動時間です。往復で30分かかる場所に行こうと思えば、一年でかなりの時間を無駄にしていることになります。その分の時間を勉強に当てられる家庭教師は、子供にとってかなりの成績アップを望める方法だと思います。

乱視用コンタクトのメリットとデメリット

7月 6th, 2014

乱視を矯正したいけど、コンタクトレンズでは難しいものです。でも、最近は技術が進んでいるので、コンタクトレンズで乱視を矯正して快適な視界を手に入れることもできます。ただ乱視用のコンタクトレンズは限られていますので、トーリックと呼ばれる乱視専用のコンタクトレンズを使用してください。

乱視用のコンタクトレンズを着用すると、やはり文字のぶれというのが改善されますので、無理矢理小さな文字を見ることもなくなり、今まで感じていた眼精疲労が和らぐはずです。もちろん、運転の際の信号もくっきりと見えますので、矢印なども非常に見やすくなると思います。

でも、逆に悪いところもあります。それは付け心地です。従来のコンタクトレンズよりも、乱視用のコンタクトレンズはまだまだ付け心地が気になるものです。異物感といいますか、ちょっとした違和を感じる人が多いと思います。それでも今までのコンタクトレンズと比べると格段に装用しやすくなってはいるのですが、慣れるまでは違和を感じながらがんばってみてください。もう一点はその金額です。乱視用になるだけで費用がかかるので、一般的なものよりは少しお高めの販売価格です。割引率もあまりよくないので、毎日使い捨てで購入しようと思うと大変かもしれませんが、合わないコンタクトレンズを使うと余計に目に負担をかけるので、必ず専用の物を使用してくださいね。